バルトレックス服用中のアルコール摂取は危険な前兆

主成分のバラシクロビル塩酸塩がヘルペスウイルスの増殖を抑える効果を持っている事から単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス、水ぼうそうの治療薬として用いられる抗ウイルス薬バルトレックス。
この薬を服用する際の注意で代表的な物として、服用中に飲酒等アルコールの摂取を行う事は厳禁であるという事が挙げられます。
これは帯状疱疹や性器ヘルペスの患者さんを対象として特に注意される事なのですが、その理由として幾つかの事柄が挙げられます。
まず大きな理由としてはお酒の組成アルコールと医薬品の成分が結合することによって薬の効力が薄まったり、副作用等を引き起こしたり悪化させてしまったりという様なリスクが高くなってしまうからという事が挙げられます。
この副作用ですが元々バルトレックスの服用で引き起こされる副作用として蕁麻疹や発疹の発症に代表される皮膚過敏症があります。
しかしアルコールには動脈を拡張させてしまう効果がありますので、飲酒行為を行うとこの作用によって皮膚過敏症が引き起こされたり悪化してしまうといった可能性が高くなってしまうのです。
上述の事に加えて治りの効果が半減してしまうとあれば、服用中の飲酒は厳禁というのも当然の事であると言えます。
しかし帯状疱疹や性器ヘルペスの患者さんの場合はこれに加えてもう1つの理由があってそれぞれを説明すると、帯状疱疹はこの症状を引き起こす前兆となる行為の1つがお酒の飲み過ぎである事、性器ヘルペスは再発してしまう原因の1つが飲酒等の身体に負担が掛かる行為である事となっています。
この事からこの2つの症状の患者さんの場合には飲酒行為が症状を余計に悪化させる原因と特になりやすい為、バルトレックス等で症状が完治するまで飲酒行為が禁じられているのです。