バルトレックスやユナシンが何に効果があるかとその例

バルトレックスはヘルペスウイルスに対して有効な抗ウイルス剤であるのに対し、ユナシンは細菌を死滅させる作用があるので最近による感染症に対して有効な治療薬です。
どのような病気に対して有効であるのか、それぞれ例を挙げてもう少し詳しく説明をします。
バルトレックスの場合はヘルペスウイルスの増殖を抑える作用があり、帯状疱疹や単純疱疹、水疱瘡、あるいは口唇ヘルペスといったヘルペスウイルスが原因で発症する病気に対して有効な治療薬です。
一方、ユナシンは細菌の細胞壁を破壊して細菌を破壊する抗生物質であり、ペニシリン系抗生物質の一つです。
グラム陽性菌に対して有効な他に、大腸菌などの一部のグラム陰性菌に対しても有効となっています。
これらの細菌に感染する事によって発症する腫れや痛みなどの諸症状に対して有効であり、咽頭炎や中耳炎、副鼻腔炎などの様々な感染症に対して用いられます。
細菌とウイルスは全く別のものであり、簡単に違いについて説明をすると、細菌は単独での増殖が可能であるのに対し、ウイルスは単独では増殖する事が出来ずに細胞内に侵入する事によって増殖します。
そのために細菌とウイルスでは有効な対処方法が全く異なっていて、細菌に対して有効な抗生物質をウイルスが原因の病気に対して用いても効果は無く、その逆にウイルスに対して有効な抗ウイルス薬を細菌に対して用いても意味が無いのです。
つまり、バルトレックスはヘルペスウイルスに対して有効であるのに対し、ユナシンは細菌に対して有効であるので全く異なる作用となっています。
例えば、同じ性病であっても性器ヘルペスに対してはヘルペスウイルスに作用するバルトレックスが有効ですが、淋病や梅毒は細菌に対して有効なユナシンを用います。