バルトレックスと発疹とホームページについて

日本では、若い人の性感染症が大きな問題となっています。
特に患者数が多いのが、性器ヘルペスです。
この性感染症は、単純ヘルペスウイルスが感染して起こる病気で、主に性交渉で感染します。
最近は、オーラルセックスを行う人も多いため、オーラルセックスによって感染が広がってしまうケースもあります。
また、母親がヘルペスに感染している場合、出産の時に子供に感染する危険があります。
悪化すると、入院が必要となることもあるので、症状に気が付いたら、早めに治療を行うことが大事です。
性器ヘルペスの治療薬として有名なのがバルトレックスです。
バルトレックスは、1987年にアメリカの大手製薬会社で開発された抗ウイルス薬です。
単純ヘルペスウイルスや帯状疱疹ウイルスに対して、強力な抗ウイルス作用があります。
バルトレックスは、吸収効率が非常に良いので、1日に1回から3回服用するだけで済みます。
バルトレックスは、性器ヘルペスだけでなく、帯状疱疹や水ぼうそうの治療にも使われます。
5日以上服用して症状に変化がない場合は、医師に相談してアドバイスを貰った方がいいです。
副作用は少ない薬ですが、頭痛や下痢、発疹などの症状が出ることがあります。
万が一、重い症状が現れた時は、すぐに服用を中止して、医師の診断を受ける必要があります。
他に病気を持っていて、服用中の薬がある場合は、バルトレックスを服用する前に医師に伝えて、服用しても大丈夫か確認した方がいいです。
バルトレックスは、個人輸入代行会社のホームページから購入することも可能です。
ただ、個人輸入代行会社のホームページからバルトレックスを購入した場合は、自己責任で使用することになります。