バルトレックスとパーキンソン病とレビー小体病

バルトレックスはヘルペスを治療するための薬で、再発を防ぐことができるので、ストレスや疲れによって、ヘルペスの症状が出やすい人が服用します。ヘルペスは性感染だけではなく、日常生活で感染したり、生まれた時から神経細胞に存在している可能性があるので、突然症状があらわれることもあります。また帯状疱疹になりやすい人は、ヘルペスウイルスを持っているので、ストレスや疲れによって免疫力が低下すると、唇などにヘルペスの水いぼのような症状がでることがあります。ウイルス感染症なので、完全に駆除することはできませんが、バルトレックスを服用することで再発を防ぐことができます。性器の周りにできるヘルペスの場合は、基本的には性病とみなされていますが、ごくまれにセックスなどをしていなくても症状が出ることもあります。ヘルペスは痛みが強いので、水ぼうそうなどとの区別がしやすいので、医療機関を受診して、適切な治療を受けやすい病気です。放置していても自然に治癒する可能性もありますが、性器ヘルペスの場合は、腰や下半身に非常に強い痛みが生じるので、通常の日常生活を送るのが難しくなります。パーキンソン病とレビー小体病はどちらも認知症の原因になる病気です。パーキンソン病は筋肉に症状が出た場合は、筋力が低下しますが、脳に症状がでると萎縮するので認知症になる可能性があります。レビー小体病も脳が萎縮する病気ですが、アルコールなどとの関連性も指摘されているので、高齢者に多い病気です。どちらも脳が萎縮することで認知症や感情の抑制がきかないなどの症状がでますが、高齢になるとほとんどの人が脳の萎縮を起こすので、萎縮した部分によって症状が異なります。