バルトレックスのジェネリック医薬品について

バルトレックスはヘルペスウイルスに対して有効な抗ウイルス薬ですが非常に高価な薬です。
そのために少しでも安く手に入れたいのであればジェネリック医薬品を購入するのが有効な手です。
バルトレックスの特許については2013年の12月で期限を迎えているためにジェネリック医薬品も既に登場しています。
ジェネリック医薬品というのは後発薬の事であり、安く購入する事が出来るとは言っても品質が悪いという訳では無くて、先発薬と主成分が同じでありながら研究や開発コストが少なくて済むので低価格で購入する事が出来ます。
製法などが異なるために全く同じという訳では無いですが、用いている主成分は同じであるので安価に同程度の効果の薬を購入する事が出来ると考えて問題は無いです。
バルトレックスに限った話では無いですが、ジェネリック医薬品を手に入れるのであれば通販が主流となっています。
ジェネリック医薬品は海外で出ていても日本では処方されていない場合も多く、そうした薬を手に入れるのであれば個人輸入で海外から輸入する必要があるのです。
海外から自分で全ての手続きを行って入手するのは大変ですが、通販サイトはそうした手続きの代行を行ってくれるので簡単に購入する事が出来るようになっています。
ただし、通販で入手する場合は自己責任という扱いになるので、購入する場合は薬の用量や用法については自分できちんと理解した上で頼むようにする必要があります。
また、個人輸入で手に入れた薬については自分自身が使用する事が前提なので、他人に譲渡したり販売する事は禁止されています。
バルトレックスのジェネリック医薬品を入手する場合は単に安く手に入れられるという事だけでは無く、そうした事も理解した上で利用するのも重要です。

バルトレックスで何度も繰り返すヘルペスを倒す

■バルトレックスなどヘルペスに効果のある薬とは

ヘルペスは一度感染してしまうと完治する事が出来ないので一生付き合っていかなくてはならない病気です。
どうして完治する事が出来ないのかというと、ヘルペスウイルスが神経に潜り込んでしまうので、神経に潜り込んでしまったウイルスを完全に取り除く方法は無いのです。
そのために、感染しないようにする事が大切ではありますが、感染してしまった場合の治療薬としてはバルトレックスがあります。
バルトレックスは体内からウイルスを完全に取り除くわけでは無いですが、ウイルスが活動して病気を発症した場合に病気の進行を食い止めて早目に症状を抑える事が可能なのです。
なお、バルトレックスを服用する場合、バルトレックスが直接ウイルスを退治して症状を抑えるという訳では無く、ウイルスが細胞内で増殖をするのを抑える効果によって治療します。
そのために、バルトレックスを服用する場合は症状が現れ始めたら早目に服用を開始するのが大切となります。
ウイルスの増殖がまだそれほど行われていない内に増殖を抑える事が出来れば、それだけ症状を緩和して治療効果も高くなるのです。
一方、服用するのが遅れてしまうとウイルスがすでに増殖しきってしまうために、バルトレックスを服用してもほとんど効果が現れなくなってしまいます。
ヘルペスは最初にも述べたように完治する事が出来ないので、発症する度に病院へ行って処方して貰うのは非常に手間が掛かります。
そのためにヘルペスに感染している人の中にはあらかじめ予防目的でバルトレックスを手に入れたいという人もいます。
性器ヘルペスでは予防目的での保険が適用されますが口唇ヘルペスの場合は予防では保険がきかないという欠点もあり、予防目的で通販で購入をする人もいます。

バルトレックスのジェネリックを購入

日本は、ヘルペスウイルスによる口唇ヘルペスや、性器ヘルペスの患者が多い国です。
ヘルペスウイルスに感染すると、水ぶくれができます。
人間に感染するヘルペスウイルスは、8種類あります。
特に多いのが、単純ヘルペスウイルス1型の感染者です。
単純ヘルペス1型には、約7割から8割の日本人が感染していると言われています。
ヘルペスウイルスは、感染しても症状が出ない人もいます。
バルトレックスは、ヘルペスウイルスの増殖を抑えます。
成分は、バラシクロビル塩酸塩です。
バルトレックスは、単純疱疹や、性器ヘルペス、帯状疱疹などの治療に使われます。
成分であるバラシクロビル塩酸塩は、ウイルスが感染した細胞内で活性化します。
吸収効率が良いため、1日1回から3回の服用で済むので、経済的です。
診察後すぐに服用を開始しますが、早めに服用することで、早い効果が期待できます。
医師から指示された期間だけ服用します。
治療薬の使用量と使用方法は、医師の指示を守ることが大事です。
自分勝手に服用を止めてしまうと、回復が遅れる可能性があるので注意が必要です。
バルトレックスは、性器ヘルペスの再発抑制療法で、予防のために服用することもあります。
パートナーへの感染を抑制する効果も期待できますが、完全に抑制できるわけではないので、コンドームを併用した方がいいです。
高齢者が服用する場合は、適切な水分補給が必要となります。
治療薬には、飲み薬と塗り薬の他に、注射薬もあります。
どの治療薬を使うかは、症状によって決まります。
バルトレックスは、副作用が少ない治療薬ですが、服用中に体に異変があった場合は、すぐに服用を中止して、医師の診察を受ける必要があります。

■バルトレックスはヘルペスを治療しますが、もしも心配なら他の性病も検査しておきましょう
HIV 検査
■コンジローマの疑いがある場合は、早めの対策を!
コンジローマは放置すると感染部分が広がる